読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親愛なる観測者へ

短信と概況を。

2016冬アニメ

最近ホームシアター用のアンプとスピーカーを買い替えたんですけど、ゲロシャブみたいな音しか出てこなくてつらいです。そんなわけで、今期見てるアニメまとめです。

  1. アクティヴレイド-機動強襲室第八係-
    おそらく『RAIL WARS!』もこうなるはずだったというようなアニメである。あざとい女性キャラはさすがの西田亜沙子といったところで、今から薄い本が捗るのが楽しみである。

  2. おしえて!ギャル子ちゃん
    早見沙織ではなく能登麻美子にエロいナレーションをさせようというアニメ。素晴らしい。
    ただ、タンポン派かナプキン派かという問題においてうちの嫁さんのようにタンポン+ナプキンというハイブリッド派が考慮されていないあたりに詰めの甘さを感じるものの、ギャル子エロいからなんでもいい。

  3. おじさんとマシュマロ
    マシュマロといえばセラニポージの名曲『僕のマシュ…』ですが、こちらのアニメはクーデレOLが頑張る話っぽい。

  4. 紅殻のパンドラ
    士郎正宗の硬派部分と六道神士の軟派具合が融合して最終的に結局エロいというアニメではあるが、エンドカードの渋い人選から察するに若者向けというわけではないようである。タクミちゃんのような前時代的なキャラクターがおっさんには心地よい。

  5. この素晴らしい世界に祝福を!
    野尻抱介には「コンプレックスまみれの視聴者をいたわる向上心のない作品」と酷評されたようだが、このところの異世界系クズアニメの中では抜きん出て面白いと思うが、内容よりエンディングとエンディングテーマが素晴らしいので時間を無駄にしたい人にはおすすめである。

  6. 少女たちは荒野を目指す
    ここでいう荒野とは美少女ゲーム業界であるが、美少女ゲームと荒野の組み合わせといえばセガサターン版『EVE The Lost One』のラストシーンであろう。主人公二人が荒野に立ち尽くすラストシーンはまさに我々ゲームプレイヤーの心情を代弁するかのような非常に素晴らしく凄惨な最後であった。要するに第二、第三の田中ロミオ虚淵玄ではなく山田桜丸を生み出そうという壮大な計画に私は首肯するわけにはいかないのである。

  7. 昭和元禄落語心中
    林原めぐみに傾倒した青春時代を過ごした私からすると非常に残念な話だが、もはや林原めぐみの声はゼロ年代以降のアニメにはアクが強すぎるのではないだろうか。石田彰山寺宏一の両名の落語はストンと落ち着くのだが、林原の声を聞くとなぜかソワソワしてしまうのである。まぁここらへんはあまり気にしないようにして、平成の三田ゆう子こと小林ゆうの声に注目していきたい。

  8. だがしかし
    駄菓子といえば『おやつちんみ』を食べて「腹いてぇー!wwww」とかやってた弟がマジでサルモネラ食中毒だったことを思い出しますが、そんな子供のころ食べた駄菓子がたくさん出てきて楽しいです。枝垂ほたるは十二分に扇情的ですがなによりCVが竹達彩奈なところがポイント高いです。

  9. Dimension W ディメンション ダブリュー
    製作委員会のクレジットの数が多すぎて、今期一番大人の事情を感じさせるアニメ。それはそうと小野大輔仕事しすぎでは。

  10. 灰と幻想のグリムガル
    速筆家十文字青版SAOとかログホラといったところか。私としては「第九シリーズ」の小野塚那智のほうをアニメで見たいのでお願いします。

  11. ハルチカ~ハルタとチカは青春する~
    ユーフォニアムかと思ったらまさかのホモアニメでした。ネタはいまいちなんですけど、青春ミステリってジャンルはやっぱり面白く感じてしまいますね。あとチカちゃんの髪の毛のデザインが独特やなーと思いました。

  12. PHANTASY STAR ONLINE2 THE ANIMATION
    正直ゲーム原作のアニメはクソだらけなので見なくてもいいと思うんですけど、PSO作品がアニメにという感慨があるのでどうしても見てしまっていますが、マジでクソアニメでつらいですけど頑張ります。

  13. 僕だけがいない街
    灰原哀みたいなキャラをprprするアニメならもっと人気出る。

あとは亜人とか石膏ボーイズとか無彩限のファントム・ワールドあたりを見てます。
だいたいこんな感じ。