読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

親愛なる観測者へ

短信と概況を。

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選

2016年、小生のノミネート作品は以下を参照ください。
Animetick / アニメティック - アニメ視聴管理サービス

話数単位で選ぶ、2016年TVアニメ10選: 新米小僧の見習日記
ルール
・2016年1月1日~12月31日までに放送されたTVアニメ(再放送を除く)から選定。
・1作品につき上限1話。
・順位は付けない。

響け!ユーフォニアム2

13話「はるさきエピローグ」

f:id:heart_blade:20170102222226p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170102222230p:plain:w350
おそらく、僕はこんな最終回と出会うためにこれからもアニメを見続けるのである。

この素晴らしい世界に祝福を!

9話「この素晴らしい店に祝福を!」

f:id:heart_blade:20170102230851p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170102230858p:plain:w350
エロのための作品ではなく、真面目に面白い作品だからこそエロいのである。

Re:ゼロから始める異世界生活

18話「ゼロから」

f:id:heart_blade:20170102235723p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170102235736p:plain:w350
大正義レムの前にはこの作品のいけ好かない部分など瑣末な問題である。

バーナード嬢曰く。

9話「バス停」

f:id:heart_blade:20170103001246p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103001305p:plain:w350
町田さわ子と神林しおり、いつまでも彼女たちを見ていたいものである。

鬼斬

8話「泡沫之夢」

f:id:heart_blade:20170103002904p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103002917p:plain:w350
良質なカオスクソアニメがここにある。感謝しかない。

Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!

10話「姫の元へ」

f:id:heart_blade:20170103003557p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103003611p:plain:w350
きのこ厨は衛宮士郎の「トレース・オン」の言葉だけで震えるのである。

ベルセルク(2016)

11話「イデアの影」

f:id:heart_blade:20170103005738p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103005746p:plain:w350
その圧倒的なまでのビジュアルはダークファンタジーの傑作にふさわしい。

アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd

3話「天使と破壊神」

f:id:heart_blade:20170103012257p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103012302p:plain:w350
「大阪カタパルトってお金も体力もアホみたいに使うのにっ!」

ラブライブ!サンシャイン!!

11話「友情ヨーソロー」

f:id:heart_blade:20170103013923p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103013930p:plain:w350
はわぁ、渡辺曜ちゃん超かわいい。

舟を編む

8話「編む」

f:id:heart_blade:20170103014959p:plain:w350 f:id:heart_blade:20170103015005p:plain:w350
嫁のCVが坂本真綾であれば、こんなにも安らかな食卓にありつけるのだろうか。

以上、甚だ簡単ではございますが2016年の総括とさせて頂きます。

2017年も素晴らしい作品に出会えますように。

おまけ 2016年TVアニメ主題歌3選

潮風

潮風

謹賀新年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。さて、新年の抱負でも。

  1. 痩せよう
    現在75kgあたりなのでこれを65kgくらいまで減量出来ればいいなと思っています。去年も言ってた気がしますが気のせいでしょう。

  2. ブログを書こう
    そうだ、ブログを書こう。

だいたいそんな感じで今年もぼちぼちやって生きます。

あっという間の2016年

2016年総括について。

去年の今頃、来年は備忘録をつけながらみたいなことを書いてるんですけど、まぁ例によってそんなことは一切やってないので思い出すことに一生懸命で書くことに窮している次第です。最近は月並みではございますが、公私ともに忙しい日々を過ごしております。

今年は妊活スタートの年となりました。結婚生活8年目にしてようやく本気で子供を作ろうと決意して不妊治療専門のクリニックに通い始めたのはいいんですけど、看護婦さんからシャーレと洋ピンのDVDを渡されてこれでお願いしますねと言わんばかりに個室に案内された時はもうダメかと思いましたが、運良くカバンに入ってたiPad Proで事なきを得まして、オカズを携帯することの大切さを学びました。

ゲームの話題でいきますと、PS4を買いまして久しぶりに据え置き機でがっつり遊んでおります。ペルソナ5JRPGの名作だとは思うんですけど、まぁでもこの体験はPS2でも出来たよねっていうグラフィックとシナリオだなぁという印象でした。ウィッチャー3のほうはDLC全部入りのやつを購入したので、未だに終わりがまったく見えません。スカイリムにシナリオとセックスを足した感じの作品なのでオープンワールド大好きならオススメです。トリコは積んでる。

あとは艦これ熱が冷めるのと引き換えにデレステ熱がきて再度冷めて代わりに弐寺熱が上がって専コン買ってインフィニタスやったんですけど、思うてたんとちがーうってなことで早々に売ってゲーセンでSINOBUZやりまくる日々だったんですけど、それも終わってしまって、いまはもう本当にウィッチャー3のサイドクエやるのに忙しくてそれどころではないです。

アニメのほうも今期は全く見ないクールってのはなくて、のんべんだらりと話題作を中心にぼちぼちといった感じです。思いつくところでいくと、冬は「この素晴らしい世界に祝福を!」、春は「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」、夏は「NEW GAME!」、秋は「Lostorage incited WIXOSS」あたりがベスト付近かなーと。

オーディオ関係でいきますと、今年早々にスピーカーとAVアンプを入れ替えて劇場版ガルパンBD全裸待機だったんですけど、音質があまりにも悪いのでがっかりしてたんですけど、こないだバイアンプやめてケーブルも変えたら嘘のようにスピーカーが気持ちよく鳴り出したので、AVアンプのバイアンプ機能は使わないほうがいいし、なんかもうバイアンプがあんなだからバイワイヤリングもダメなんじゃねーかーって思い始めたのと、あとはAmazonベーシックは信用しないことにしました。5.1chとか組むならセットになった安いものが一番いいと思います。

あ、Xマウントに入信しました。

ほかにもいろいろあった気がするけど、だいたいこんな感じで2016年が暮れていきます。

それでは、今年もお世話になりました。来年もどうぞよろしく。

2016年夏アニメ

時間ねぇー
そんなわけで、前期見てたアニメまとめです。

  1. Re:ゼロから始める異世界生活
    双子鬼の片割れであるレムの圧倒的ぐう聖力の前では、ナツキスバルへの嫌悪感など吹き飛んでしまう。

  2. ラブライブ!サンシャイン!!
    ラブライブはギャグ回こそがその神髄であり、シャイ煮も含めて最終話以外はおおむねよかったずら。

  3. はんだくん
    結局最後まで坂本くんのスキンを替えました、みたいなそんな印象。

  4. この美術部には問題がある!
    小澤亜李が最高すぎてこのアニメには特に問題はない。

  5. あまんちゅ
    恥ずかしいセリフのオンパレードで全身が痒くなるんだけど、ARIAと違って眠たくならないので最後まで視聴できた。

  6. Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ ドライ!!
    プリヤ、まさかこれほどのコンテンツになるとは。UBWを唱えるとことかニヤニヤが止まらない。

  7. NEW GAME!
    今期覇権アニメは最初から最後まで安定していたが、アニメキャラが職場で働いているところを見るだけで吐き気に襲われる人も稀によくいるので、お仕事アニメは用法用量を守って適切に摂取しなくてはならない。

  8. 甘々と稲妻
    アホか、こんなもん毎回号泣するわ。

  9. アクティヴレイド -機動強襲室第八係- 2nd
    最終回以外はよく出来たクソアニメなのでおすすめ。

  10. ベルセルク(2016)
    正直まったく期待していなかったけれど、ダークファンタジーを圧倒的なビジュアルと平沢進力で描ききった本作が今期ナンバーワンでした。

だいたいこんな感じ。

2016年春アニメ感想

なんか暑すぎて一日2ガロンくらいアイスコーヒーを飲み続けている気がしている今日このごろ。「ナツいアツならプールに札束」とはてーきゅうの高宮なすの様のありがたいお言葉ですが、我々平均的な日本国民において夏といえばもちろんロバート・A・ハインラインの『夏への扉』です。猫と幼女とSF、傑作ですね。そんなわけで今期一番面白かったアニメの感想です。

ふらいんぐうぃっち

猫と幼女と少し不思議、傑作ですね。今期一番好きな作品です。視聴前は「地方都市にまた魔女が湧いてしまったか」と哀愁すら感じていましたが、第一話の雰囲気がまずまずでそのままずるずると最終話まで見終わって、いい作品だなーとじわじわと思うようになりました。キャラデザがいいとかストーリーがいいとか特出した部分があるわけではないし、雰囲気アニメにありがちな睡眠導入剤的な要素もなくて、毒にも薬にもならない感じなのになぜこれがいいのか説明はできないんですけど、心地のいい作品だなーとそう思ってしまいます。この作品の監督は桜美かつし。同監督作品『よみがえる空』は非常におすすめなのでふらいんぐうぃっちを見て気になった方はぜひ。

あとは、くまみこの後味の悪さが壮絶だったのが印象的でしたね。それと、ネトゲ嫁優勝。だいたいこんな感じ。